資料・データ

HOME > 資料・データ > 調査報告 > 情報連絡員だより平成22年9月




調査報告


情報連絡員だより


22年9月の報告   〜 業況、一進一退で厳しい状況続く 〜


景況天気図 概況
全体
9月
小雨
製造業の一部業種で売上増加が続いているが、円高等の影響で先行きを懸念。一方、内需低迷が続く中、非製造業を中心に残暑の影響による需要増も一部で見受けられたが、業況は一進一退で厳しい状況が続く。
製造業


小雨

食料品
雨

パンは、売上は前年並みだが、収益が悪化。菓子は、残暑が厳しく売上が減少し、収益も悪化。製麺は、売上がやや減少し、価格競争が激化。酒造は、生酒・生貯蔵酒は好調だが、全体に売上減少で収益も悪化。

繊維・同製品
雨

桐生は婦人服地・和装織物とも動きが鈍く、輸出は円高で引き合い低調。伊勢崎は、秋冬向けの催事も客足が鈍く苦戦。繊維製品は受注が大幅に減少し、加工賃低下で収益も悪化。ニット・レースは、売上不振が続く。

窯業・土石製品
雨

生コンは、吾妻・北部地域の出荷量が大幅に減少。コンクリートブロックは、残暑の影響で工事進まず売上が減少。コンクリート製品は、受注・売上が大幅に減少し、収益も悪化。砕石は、骨材出荷量の減少が続く。

機械・金属
薄日

自動車関連では、生産・売上は増加したが、エコカー補助金終了や円高による受注先からのコストダウン要請で先行きを憂慮。金型関連では、大手企業の再編で価格競争が激化し、零細企業は危機的な状況。

その他
小雨

製材は、荷動き好調で売上は増加したが、原木不足で仕入価格が上昇し収益は低調。段ボールは、工業製品の需要は順調だが、全体に売上は若干減少。印刷は、売上低調で収益も悪化、人員削減・経費削減で対応。
非製造業


小雨

卸売業
小雨

取扱品でバラツキがあるが、全体に需要低迷で売上が減少し、販売価格の低下で収益も悪化。生鮮食料品は、売上・収益とも前年並みだが、残暑が厳しく野菜の入荷量が減少し、品質低下等から良質品は高値で推移。

小売業
小雨

石油は、需要増で売上はやや増加したが、収益は前年並み。家電は、地デジTVは依然好調だが、価格下落で収益は低調。中古車販売は、エコカー補助金終了でタマ不足感が増大。商店街は、秋物商戦振るわず苦戦。

サービス業
小雨

温泉旅館は、各温泉地とも宿泊客数は低調。ビルメンテナンスは、売上・収益とも前年並み。自動車整備は、保有台数の増加で軽自動車は好調、普通車は厳しい状況。不動産業は、地価の下落が続き、土地取引も減少。

建設業
小雨

総合工事業・管工事業は、公共工事が少なく売上不振で苦戦。電気工事業は、公共物件の発注が増え売上が増加。塗装工事業は、新規物件が少なく売上が減少。鉄構業は、耐震補強工事が一段落し、先行きを懸念。

運輸業
曇り

自動車関連や飲料水関係の荷動きが好調で、月後半には車両不足も散見されたが、燃料価格の高止まりで収益は低調。小口輸送は、自動車関連の荷動きは鈍くなったが、食品関連の緊急輸送があり、売上は前年並み。

調査報告トップへ



ホームへ戻る