資料・データ

HOME > 資料・データ > 調査報告 > 労働事情実態調査(平成22年度報告)目次 > 調査結果の概要




調査報告


労働事情実態調査  〜平成22年度報告〜



10.障害者雇用

 障害者の雇用状況については、全産業で「これまで障害者を雇用したことはない」が56.5%と最も多く、次いで、「現在は雇用していないが、過去に雇用していた」22.2%、「現在障害者を雇用している」21.3%、となっている。


第21図表 障害者雇用の有無 (pdf 58kb)


 前項で「現在障害者を雇用している」と回答した事業所に、雇用している障害者の人数について尋ねたところ、全産業で「1人」が58.0%と最も多く、次いで「2人」26.1%、「4人」9.1%の順となっている。


第22図表 雇用している障害者の人数 (pdf 58kb)


 25項で「現在は雇用していないが、過去に雇用していた」「これまで障害者を雇用したことはない」と回答した事業所に、今後の障害者雇用予定について尋ねたところ、全産業で「新規雇用する予定はない」が89.9%と最も多く、次いで「新規雇用を検討中である」9.4%、「新規雇用する予定がある」0.7%の順となっている。


第23図表 今後の障害者雇用予定 (pdf 58kb)


 障害者を雇用するに当たっての課題は、全産業で「担当業務の選択」が61.3%と最も多く、次いで「職場設備の改善」33.9%、「作業の効率化」30.7%の順となっている。


第24図表 障害者雇用に当たっての課題(3項目以内複数回答) (pdf 70kb)


調査報告トップへ
平成22年度報告目次へ
次のページへ



ホームへ戻る