中小企業組合制度情報

HOME > 中小企業組合制度情報目次 > Q&A目次 > 管理(総会)




Q&A


管理(総会)


クエスチョン85 総会招集の手続きについて

  通常総会を開催する場合の招集手続きについて教えて下さい。



アンサー85

   通常総会は、事業年度終了後2月以内に開催します。
 招集方法については、先ず理事会の議決を経た後、組合員に対し開催日の10日前までに到達するように代表理事が招集通知を出す必要があります。招集通知書には、開催日時、場所、議案を明記の上、委任状も忘れず同封して下さい。





クエスチョン86 総会招集請求の要件について

   総組合員の5分の1以上の者が、各人毎に同一書式による総会招集要請書を代表理事宛提出してきました。これには(1)組合の今後の運営方針を組合員外の特定の者に委任する件(2)役員改選の件が記載されています。
 この場合に、会議の目的たる事項は示されていますが、招集理由書及び改選の理由書がないので却下してよいでしょうか。
 又、組合の業務執行の全てを員外者に委任することは、法に照らし問題ないでしょうか。



アンサー86

   当該請求は、貴見のとおり招集及び改選の理由が不充分であり、かつ、組合員が各人毎に直接組合に請求することは適当でなく、これを却下して差支えありません。又、業務執行の全てを員外者に委任することは、当該員外者が代表理事であれば差支えありませんが、これはあくまで業務執行の実行の段階のもので、理事会、総会で決定すべき組合の運営方針、事業計画等を員外者に委任することは中協法違反となり、又、総会招集請求却下の理由ともなります。





クエスチョン87 役員任期満了後の総会招集方法について

   理事の任期満了後の総会招集は、誰が行うのですか。



アンサー87

   役員全員の任期満了後における総会招集は、中協法第42条で役員について商法第258条第1項が準用され、前代表理事(任期満了又は辞任による退任に限る)は新たに選任された代表理事が就任するまで代表理事としての権利義務を有することから、前代表理事が行うこととなります。

Q&Aトップへ
次のページへ



ホームへ戻る