中小企業組合制度情報

HOME > 中小企業組合制度情報目次 > Q&A目次 > 管理(総会)




Q&A


管理(総会)


クエスチョン94 総会議事録の署名者について

   総会議事録には、議長及び出席した理事が署名しなければなりませんが、定款規定の役員任期、退任の時期等により新旧理事どちらが署名者となるのか教えて下さい。



アンサー94

   署名すべき理事は、役員任期の定款規定方法、総会開催日、前任者の退任時期、後任者の就任時期等により異なり、詳しくは次表のとおりです。
 なお、議事録署名人の選任は必要としません。

   総会議事録署名者
定款規定の任期 総会開催日 前任者の辞任届の有無及び辞任の時期 後任者の就任時期 総会議事録署名者 総会議事録記載例(理事及び監事全員が改選の場合)
1.「何年」 (1)任期満了前 [1]有 総会開催日前 総会開催日の選出時 議長及び新旧理事 平成何年何月何日辞任したので
[2]有 総会開催日 総会開催日の翌日以降 〃旧理事 本日辞任するので
[3]有 総会終結時 総会終結後 〃旧理事 本総会終結と同時に辞任するので
[4]無 前任者の任期満了後 〃旧理事 平成何年何月何日任期満了により退任するので
(2)任期満了日 [1]有 役員選挙直前 総会開催日の選出時 〃新旧理事 役員選挙直前に辞任したため
[2]有 総会終結時 総会終結後 〃旧理事 本総会終結と同時に辞任するので
[3]無 前任者の任期満了後 〃旧理事 平成何年何月何日任期満了により退任するので
(3)任期満了後 [1]総会開催日の選出時 〃新旧理事 平成何年何月何日任期満了により退任したので
[2]総会終結後 〃旧理事
[3]総会開催日の翌日以降 〃旧理事
2.「何年」又は就任後第何回目の通常総会終結時までのいずれか短い期間 (1)「何年」到来前 総会終結後 〃新旧理事 本総会終結と同時に任期満了により退任するので
(2)「何年」到来後 [1]総会開催日の選出時 〃新旧理事 平成何年何月何日任期満了により退任したので
[2]総会終結後 〃旧理事
[3]総会開催日の翌日以降 〃旧理事





クエスチョン95 総会の延期や続行について

   議案審議が全部終わらないうちに、総会を中断して、後日に延期する場合、招集手続きは省略してもよいのですか。又、延期して開く総会運営に当たって留意すべき点について教えて下さい。



アンサー95

   総会においては、その総会の延期又は続行を決議することができます(中協法第54条)。
 延期は、総会の成立後、議事に入らないで会期を後日に変更することですし、続行は議事に入った後、時間の不足その他の事由により提出議案の審議が全部終わらないまま会議を中断して、残った議事を後日継続して審議することをいいます。
 この延期又は続行の決議に基づいて後日開かれる総会は、継続会と呼ばれ、改めて招集手続き(中協法第49条)をとる必要はないとされております。
 延期又は続行の決議は、議案そのものに関する決議ではなくて、一種の議事進行に関する決議ですから、あらかじめ招集通知に議題として記載されなくとも、決議でき、それは普通議決によればよいとされています。
 総会の延期又は続行は、なんらかの事由により、議事を後日に延期しなければならない場合、招集手続きを行う手間を省いて、すみやかに予定の審議の終了を可能とするために行われるものですから、続行の決議に際し、日時、場所を同時に議決することが適当です。又、最初の総会日から継続会の日までは、法定招集期限である10日以内(中協法第49条)に開催すべきでしょう。

Q&Aトップへ
次のページへ



ホームへ戻る