中小企業組合制度情報

HOME > 中小企業組合制度目次 > 定款・規則・規定例目次 > 部会規約例




定款・規則・規程例/事業協同組合定款例


定款・規則・規程例




部会規約



                     部会規約


(目的)
第1条 この規約は、本組合が定款第○条の規定により設置する部会の業務及び
 構成等について必要な事項を定め、もって部会の円滑な運営を図ることを目的
 とする。

(種類)
第2条 本組合に次の業種別の部会を置き、組合員はすべてその営んでいる主要
 な事業に関係する部会に属するものとする。
 (1) ○○部会
  (2) ○○部会
  (3) ○○部会

(事業)
第3条 部会は、次の事業を行う。
  (1) 情報及び意見の交換
  (2) 調査及び研究
  (3) 組合が行う事業に対する協力
  (4) 先進地の視察及び親睦を深めるための旅行並びに親睦会等の開催
  (5) 組合運営に対する要望並びに助言
  (6) ○○○○
  (7) 前各号の他部会の目的達成のための必要な事業

(部会長及び副部会長)
第4条 部会に部会長1人、副部会長○人以内を置く。
2 部会長及び副部会長は、部会員の中から互選する。
3 部会長は、部会の会務を総理し、会議の議長となる。
4 副部会長は、部会長を補佐し、部会長に事故があるときはあらかじめ定めた
 順位に従い、前項の職務を代理する。

(部会の招集)
第5条 部会は、部会長が招集する。
2 部会は少なくとも年○回以上開催するものとする。
3 部会員は必要があると認めたときは、何時でも部長会に対し部会の招集を
 請求することができる。

(部会の議事)
第6条 部会の議事は、出席者の過半数で決するものとし、可否同数のときは、
 議長の決定するところによる。

(意見具申)
第7条 部会は、必要に応じ理事長に対し意見を具申することができる。
2 理事長に対する意見具申は、書面をもって行うものとする。
3 前項の書面には、重要と認められる少数意見があったときはこれを記載しな
 ければならない。

(その他)
第8条 この規約に定めのない事項であって緊急かつ必要な事項は、理事会で決
 定する。

 附則
この規約は、平成○年○月○日から施行する。


制度情報トップへ



ホームへ戻る