中小企業組合制度情報

HOME > 中小企業組合制度目次 > 定款・規則・規定例目次 > 賛助会員規約例




定款・規則・規程例/事業協同組合定款例


定款・規則・規程例




賛助会員規約



                  賛助会員規約


(目的)
第1条 この規約は、本組合が定款第○条の規定により設置する賛助会員制度の
 運営等について必要な事項を定め、もって外部関係者の本組合に対する協力・
 理解を高めることにより、本組合の事業活動の推進に資することを目的とする。

(資格)
第2条 賛助会員の資格を有する者は、本組合の趣旨に賛同し、本組合の事業の
 円滑な実施に協力しようとする者とする。

(賛助会員に対する事業)
第3条 本組合は、第1条の目的を達成するため、賛助会員に対し、次の事業を
 行う。
  (1) 本組合が作成又は発行する資料の提供
  (2) 本組合又は組合員との情報交換のための懇談会等の開催
  (3) その他第1条の目的を達成するために必要な事業

(加入)
第4条 賛助会員たる資格を有する者は、本組合の承諾を得て、加入するものと
 する。
2 前項の諾否は、理事会において決する。

 ※入会金を徴する組合にあっては、第3項として次の規定を加えること。

3 賛助会員として加入しようとする者は、別に定めるところにより入会金を納
 付するものとする。

(会費)
第5条 賛助会員は、年会費を納入するものとする。
2 会費の額は、1口○○○○円とし、1口以上を負担するものとし、別に定め
 る基準により組合と協議のうえ決定するものとする。

(脱退)
第6条 賛助会員が脱退しようとするときは、あらかじめ本組合に届出て脱退
 するものとする。

(除名)
第7条 本組合は、次の各号の一に該当する賛助会員を除名することができる。
 (1) 本組合の事業を妨げ又は妨げようとした賛助会員
  (2) 会費の納入を怠った賛助会員
  (3) 故意又は重大な過失により、本組合の信用を失わせるような行為をした賛
    助会員
 (4) 犯罪その他の信用を失う行為をした賛助会員

(その他)
第8条 賛助会員について本規約に定めのない事項であって必要な事項は、理事
 会で決定する。

 付則
この規約は、平成○年○月○日より施行する。



制度情報トップへ



ホームへ戻る