中小企業組合制度情報

HOME > 中小企業組合制度情報目次 > 書式集(ダウンロード)目次 > 3−(2)議長




書式集(ダウンロード)


3−(2)議長

   議事の進行は、ほとんど議長の手腕にかかっており、限られた時間内で円滑に議事進行するには、議長の選任が重要なポイントになります。議長は、総会において選任されることになっており、通常、資格は出席した組合員又は組合員たる法人の代表者と定款で定められています。
 議長には議決権がなく(但し、選挙権は有する)、代理人をもって議決権を行使することも他の組合員の代理人となることもできませんが、可否同数のとき、議長は可否を決定する権限があります。

もどる



ホームへ戻る